忍者ブログ

管理人が気になったニュースや情報をお届けするブログです。

 

カテゴリー:エンタメ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大河「真田丸」は上昇気流にのれるか?

大河「真田丸」は上昇気流にのれるか?


話題のNHKの大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)は第6話が放送。


第5話までの平均視聴率は19・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だそうです。

初回19・9%、第2話は20・1%、第3話18・3%、第4話17・8%と推移。

14日の第6話の視聴率次第で上昇気流にのれる・・・。


何だかんだ言って、私は毎週見ているのですが。

当初、キャストを聞いて「何だかなー」って思いました(全体的に)。


第1話を注目して観たのですが、オープニングのテーマ曲を聞いて、「イマイチだなー」

冒頭のシーンで源二郎(幸村)が徳川方の偵察に行ったはいいが、ばれてしまって

徳川方の馬を盗んで逃走する・・・


まあ、三谷幸喜らしいちゃらしいんですがね。

歴史好きの私にとって、真田幸村は最も好きな武将の一人であり、あまり軽く扱われるのは

イマイチ納得いかないところ。


「こりや、はずしたかなー」と思ったのですが、主君である武田家の窮地が描かれている

場面であり、その後は少しずつしまっていく。


今のところ、主要な登場人物を少しずつ丹念に紹介しているといったところ。

真田家にとっては当面、厳しい局面が続きます。

現状の主役は、幸村というよりは父親の昌幸。


また、才気あふれる親父を尊敬しつつも、その戦略をイマイチ理解できずに悩みながらも

真田家長男としての務めを果たそうと頑張る兄の源三郎が準主役といった感じですか。



撮影は良い雰囲気に包まれているようで、父親の昌幸役の草刈正雄さんは、

「真田の一族が新府から岩櫃まで逃れるくだりで、危機一髪のところを昌幸が助けに現れる

 シーンがありましたよね。

 あそこで、高畑(淳子)さんが演じる薫が泣きながらハグしてきますが、

 あれ演出になかったんです。 突然、高畑さんが抱きついてくるからビックリして(笑い)。


 ばばさま(草笛光子)が僕の?を両手で叩いたりするのも、現場で出たアイデア。

 家族でいいシーンを撮るために盛り上がっていますよ」


と語っています。


それにしても、堺雅人という役者さんは不思議な役者さんですね。

堺さんの作品は何本も観ているのですが、自分だけが目立つのではなく、共演する役者さんを

生かしながらいつの間にか自分が中心になっているといった印象を受けます。


残念ながら第6話の視聴率は弱冠下がったようですが、私はこの「真田丸」期待しています。
PR

「鑑定団」の降板問題 石坂浩二さん皮肉たっぷりに語る

「鑑定団」の降板問題 石坂浩二さん皮肉たっぷりに語る


テレビ東京の人気番組「開運!なんでも鑑定団」の司会・石坂浩二さんが降板するそうですね。

「何だ!今頃そんなこと言ってんのかよ」という声が聞こえてきそうです。


ところが私は本日ネットを見て知ったのです。


なんでも、2年ほど前から番組内で石坂さんの発言がほとんど使われていなかったとか。

私、実は「鑑定団」が好きでほぼ毎週見ています。


ハッキリ言って気がつかなかったのですが、言われてみればヘイちゃんが喋っているのを

最近トンと聞いてなかったような!?


ヤフーニュースで石坂さんが皮肉たっぷりに語っている様子が取り上げられていました。

以下、記事から一部引用させてもらいます。


 約2年間、番組内での発言が編集でカットされており、

 放送を見て「ずっと(おかしいと)言ってました」


 発言がカットされることが分かっているため、収録冒頭には

「(司会の)今田(耕司)君と2人で好き勝手なことを言って“どうせこれは放送されない”

 と年中言っていた」と明かした。

「安心してましたよ。何を言っても大丈夫だから」と付け加えた。


皮肉たっぷりに語っていたようです。