忍者ブログ

管理人が気になったニュースや情報をお届けするブログです。

 

カテゴリー:スポーツ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ナベツネ氏辞任!! 球界の盟主が球界の足を引っ張る!?

ナベツネ氏辞任!! 球界の盟主が球界の足を引っ張る!?


PCを見ながら、BSフジの『プライム・ニュース』を聞いていると突然、

「あっ、ナベツネが辞任するって!」とカミさんが言いました。


ナベツネ氏辞任について、番組内のテロップに流れたようなのです。

私はお気に入りのサイトの記事を読んでいて、もうすぐ読み終わるそうだったので

すぐにはTVを見ず、しばらくしてから見た時にはもう消えていました。


すぐに「えっ、ナベツネが何を辞任するんだ?」って思ったものですから

すぐさま、ヤフーを見てみるとニュースがあがっていました。


私としては読売新聞社主を辞任することを期待していたんですが、どうやら

読売巨人球団の役職を辞任するようだと知って、少々ガッカリ。


そう言えばニュースを見ながら夕食を摂っていた時に巨人軍の高木京介投手(26)が

野球賭博に関与していたことが報道されていました。

その時は、「またか!」って思っただけだったのですが、その件の責任をとって

渡辺恒雄、白石興二郎、桃井恒和の三氏が辞任することになったことには驚きました。


昨年、笠原、福田、松本の三選手が野球賭博に関与していたとして無期失格となった

時にはだれも責任をとろうとしなかったのに・・・。


まあ、さすがに今回は世間様に対して気が引けたんでしょうな。


それにしても今年から巨人を率いるヨシノブ新監督はシーズン当初から試練を味わいましたね。

特にプロ野球ファンではない私ですら、ヨシノブ君がナベツネ氏の寵愛を受けていることは

知っていますが、後ろ盾がいきなり辞任することになったんですからね。



前監督の原氏は内心、良いタイミングで止めたなと思っているんじゃないでしょうかね。

自身の女性スキャンダルを文春に暴かれた時には、おそらくはナベツネ氏が強権を振るって

大騒動になることを阻止したと私は想像しているのですが?


まあ、名目は外れてもナベツネ氏のことだから何らかの関与はするんだろうけどね。


今年はただでさえ、オリンピックがあるのに球界の盟主が球界の足を引っ張っているようでは

プロ野球界は盛り上がりに欠けるかもしれませんね。

PR

清原容疑者逮捕 覚醒剤の使用認める

清原容疑者逮捕 覚醒剤の使用認める


本日はやっぱり、このニュースでしょう。

朝色を食べながら見ていたNHKのニュースで清原容疑者の逮捕を知りました。

正直、「ああ、やっぱりな!」でしたね。


かなり前から、週刊誌なんかにも取り上げられていましたからね。

それでも朝の段階だと覚醒剤所持での逮捕だったと思うんだけど、どうやら使用の事実も

本人は認めたようですね。


うーん、残念!!やはり、残念ですね。

彼はPL学園時代からスターでした。実際凄かったですね。


PL卒業後に西武ライオンズに入団し、いきなり4番を任され、ホームラン31本を打って

新人王を獲得、その後も西部の黄金時代を支える中心メンバーであり続ける。

どれほどすごい野球選手になるかと思いましたね。



でも、終わってみればホームラン数は歴代5位だそうですが、タイトル獲得数はなんとゼロ。

晩年はインコースへの対処がままならず、彼らしいスイングができなかった。

最後はオリックスで現役生活の幕を閉じるのですが、なんとも寂しい幕引きだったなあ。



恵まれ過ぎていたんですかね?

もう少し、キャリアの初めに試練があった方が本人のためのはよかったのかも。


晩年の体のキレのなさは、明らかに練習不足が原因だと思います。

何とかパワーで補おうと筋トレをやったのはいいが、余分な筋肉がつきすぎてインコースの

対処ができなくなってしまった。


彼を見ていると「栄枯盛衰」というもの典型を感じます。

ある意味、これもスターの宿命というものなのでしょうかね。

韓国に大逆転勝ち U―23の浅野選手に感心!

韓国に大逆転勝ち U―23の浅野選手に感心!


見事!!韓国に大逆転勝ちU―23日本代表チームが帰国しました。

選手のみんな、うれしげで誇らしげでTVで観ていて、思わず私も「よくやった!!」

なんて言ってました。


その後に大逆転の立役者、「スーパーサブ」浅野選手の特集ニュースが流れたのですが

彼、素晴らしいですね。


7人兄弟の三男坊である彼は末っ子の妹さんの面倒を見る係だったり、家族の中でも

しっかり、自分の役割を果たしている。

食事のシーンもあったのだけど、飯の量がハンパなかったですね。


チーム内でも盛り上げ役で明るい性格だという彼だが、監督に言わせると大家族の中で

育ったことも多分に影響しているだろうと語っていました。


親孝行で家族に車を買ってやったり、まだ21だというのにスゴイね。

私が21の時とはエラい違いです。


話は変わるんですが、韓国チームは大変なようですね。


私は知らなかったのですが、試合前には「「日本は勝利の自販(JAPAN)機」なんて

訳分からない応援スローガンを掲げ、「慰安婦の婆さん達のためにも絶対勝つ!!」

なんて言っていたようですね。


ネットで韓国チームが謝罪している写真を見ました。

まあ、毎度のことですがあちらの方達は大変ですな。


ただ、スポーツの勝ち負けなんですがね。

日本人に生まれてよかったなと心から思います。