忍者ブログ

管理人が気になったニュースや情報をお届けするブログです。

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

辺野古訴訟が和解! これも安倍マジック!?

辺野古訴訟が和解! これも安倍マジック!?


安倍晋三首相は4日、米軍飛行場の普天間(沖縄県宜野湾市)から辺野古(名護市)への移設を

めぐって、福岡高裁那覇支部が示した沖縄県との和解案を受け入れることを表明しました。


突然のことでビックリしました。

政府が辺野古への基地移転をあきらめる訳がなく、裁判で決着をつけるものと思っていました。

米軍とは、辺野古がベストとの認識で一致していますからね。


この和解には、何やら裏がありそうだなと思いネットのニュースをチェックすると

やはり、何やら狙いがありそうです。


表向き、この和解は翁長知事に負けた印象を受けますが、総理の下記の発言は、


「しかし、現状のように、国と沖縄県双方が延々と訴訟合戦を繰り広げている、この関係が続いていけば、

 結果として膠着(こうちゃく)状態となり、家や学校に囲まれ、市街地の真ん中にある普天間基地の、

 そして沖縄の現状が、これからも何年も固定化されかねません。

 そんなことは誰も望んでいないとの裁判所の意向に沿って、和解を決断いたしました」


沖縄の現状に配慮することで、国民全体に好印象を与えます。



ただし、今回の合意は言葉の上だけで、実態は対立の構図は何も変わっていないようです。

最大のポイントは、国と沖縄県での訴訟合戦となっていた裁判を一本化して、その判決が出れば

双方ともその結果に従うと明記したことです。


ところが政府には、辺野古埋め立ての計画を白紙撤回する考えは毛頭ないでしょう。

「辺野古移設こそが問題解決の唯一の方法」だと沖縄県側を説得し、受け入れられないなら

裁判の結果に従うという確約をとり、改めて仕切りなおすことになったわけですよね。



これは、明らかに選挙対策の一貫でしょうね。

選挙後に改めて仕切りなおすことになるのでしょう。


昨年末の日韓慰安婦合意の時もそうだったんですが、総理の政治決断の速さがスゴイ!

結果がどうなるかは、現状はっきりとは分からないのですが国益をかけている以上、

当然のことながら勝算をお持ちになっていると考えられるわけです。


今国会においても甘利経再省の献金問題という大きな不利を抱えながらも結局は本予算を

年度内に通して予定通り、衆参同日の目をしっかりとキープしました。


良い悪いの判断は抜きにして、総理のキレのある采配ぶりは見事だと思います。

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。