忍者ブログ

管理人が気になったニュースや情報をお届けするブログです。

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「宇宙空間系の音楽」って、どんな音?

「宇宙空間系の音楽」って、どんな音?


NASAが、1969年にアポロ10号が月の周りを飛行中に宇宙飛行士達が聞いたと報告した

奇妙な「音楽」の録音を公開。そして、その音がディスカバリーチャンネルで放送された番組

「NASA超常ファイル」で紹介されたそうです。


アポロ10号の乗組員は、トーマス・スタッフォード氏、ジョン・ヤング氏、ユージン・サーナン氏

の3人が乗船していた。


その奇妙な音は「ヒューヒュー」と聞こえるこの不可思議な音で地球と無線通信ができない月の裏側

にいて聞いたらしい。


約1時間続いたその音は録音され、テキサス州ヒューストンにある地上管制センターに送信された。


3人の宇宙飛行士の会話の筆記録は2008年に公開されていたが、録音された音声は今回初めて

公開されたもの。


サーナン氏は「聞こえるか。ヒューヒューという音だ」と問いかけ、「宇宙空間系の音楽」と表現。

当初、3人はこの音があまりに奇妙に感じられたため、NASAの長官らに伝えるか否かを悩んだという。

甘利に突飛なことで、まともに信じてもらえないとの懸念からだったそうです。


NASAの見解では、この「ヒューヒュー」と聞こえる音は「宇宙人の音楽」だった可能性はないようだ。

この音が何かということについて、NASAの技術者の説明によると

互いに近くにある月着陸船と司令船の無線電波が起こした干渉で生じた雑音だった可能性が高いという。


このニュースを見た時、その音が聞けるかなと思ったんだけど聞けませんでした。

「宇宙空間系の音楽」って、どんな音なんだろう?


PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。