忍者ブログ

管理人が気になったニュースや情報をお届けするブログです。

 

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モーツァルトとサリエリの共作が発見される

モーツァルトとサリエリの共作が発見される


映画「アマデウス」では、モーツァルトの才能に嫉妬したサリエリが彼を毒殺する。

出演者たち(特にモーツァルト役の人)の演技も素晴らしく、何となく映画「アマデウス」

は史実のように思っていました。


ところが、モーツァルトとサリエリが共同で作曲した作品の楽譜がチェコの国立博物館で

見つかり、発見後初めて演奏されたんだそうです。


当共作品は、最も活躍した時期に当たる1785年に書かれた。

なんでもモーツァルトとサリエリの音楽を手掛けた歌手の快復を祝うために作曲され、

「オフェリアの健康回復に寄せて」と題されているそうだ。

ただし、当時の演奏会で披露されたかどうかは不明らしい。


研究者たちは、共作が見つかったことが新たな事実へつながる重要な証拠になると

期待しているようだが、映画「アマデウス」好きな私としては微妙です。


あの映画そのものも良い出来でしたが、一番の驚きはモーツァルトとサリエリの関係、

解釈です。


なんと、あの偉大な作曲家であるモーツァルトがスカトロ・マニアとして描かれている。

少々の頃から父親の英才教育を受け、ヨーロッパ各地を演奏旅行して回った神童の音楽に

ショックを受けるサリエリ。


宮廷音楽家として先輩であり、多くの貴族の支持を得ていたにも関わらず、サリエリは

モーツァルトと比較しては彼の才能に嫉妬する。

思い余って最後には・・・。


とても納得のいく解釈でした。

うーん、久しぶりに「アマデウス」が見たくなったな。

休みの日に観ることにします。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。